人気
GE マネー
契約社員が審査に落ちない為に
サブメニュー
お勧めリンク
■契約社員向けの住宅ローンとは

通常、安定した雇用が約束されていない契約社員などの場合は、住宅を購入しようとして銀行などの住宅ローンの審査を受けても殆どのケースで通過しないと言われています。

 

金融機関も契約社員の不安定な雇用形態に対するリスクを最も警戒しているため、有志を行うことはなかなか困難だと思われます。

 

しかし、よく調べれば契約社員という立場であっても、正当に評価してくれる金融会社があるはずです。
実際、最近ファイナンス系や外資系の金融会社で、従来の住宅ローンの審査基準によらない、独自の判断でそのような弱い立場の方への融資の相談に乗ってくれる会社も増えてきました。

 

従って、契約社員だから住宅を持つことは不可能だ、と諦めてしまわないで、きちんと評価してくれる金融会社を見つけて、アタックしてみましょう。



■契約社員はなぜ審査に通りにくいのか

日本の金融機関が、住宅ローンの融資などを行う際、様々な条件の審査基準を持っており、事前審査で篩いにかけてしまうことが多いようです。

 

実際、多くの日本の金融機関は、会社の正社員という雇用形態を基準に審査することが一般的になっています。
これは、勿論金融機関側のリスクを少しでも回避するためのものであることは確かですが、勤続年数や勤務先そのものの評価など、雇用形態の多様化の現代にはあまり相応しくない基準のものもあります。

 

このような審査基準のため、契約社員などは、大概年間契約や業務単位の契約なため、勤続年数が継続的ではない場合や勤務先も不安定であることも多いので、通常の金融機関の審査基準に当てはまらないという結果になり、住宅ローンの融資などを受けることは、殆ど不可能でした。


Copyrightc 2008 keiyakusyainloan.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。