人気
GE マネー
契約社員が審査に落ちない為に
サブメニュー
お勧めリンク
■勤続年数の判断

普通の銀行などから、住宅を購入するための資金の融資を受けるために、住宅ローンの申請をする場合、会社員などでは勤続年数などが審査の重要なファクターとなります。

 

一般的には、勤め始めてから数年である場合は、審査を通過出来る可能性が低い場合が多いようです。
従って、雇用期間が不安定な契約社員や派遣社員などは、なかなか融資を受けることが出来ないそうです。

 

しかし、諦める必要はなく、最近では外資系やファイナンス系の金融会社で、そのような雇用形態の会社員でも過去数年間の累計の就労期間などで、勤続年数として評価してくれる場合があります。

 

まずは、自分に合った金融会社を探して、審査基準を満たしているかどうか判断し、申請してみましょう。

Copyrightc 2008 keiyakusyainloan.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。